Twitterはコチラ!

【重要】SEOを意識したライティング【アクティブプラン有】

SEOライティングブログ運営
Seo optimization concept with flat human hands holding programming business symbols vector illustration

SEOを意識したライティング

・SEOってどうしたらいいの?
・文章書くのが下手くそなんだけどうまくならないかな?

本記事では上記の様な悩みに答えます

結論から言うと

うまく書く必要はなく、ブログの本質である「読者の悩みを解決する」記事を書くことが重要となります

・悩みを想定する
・悩みを解決する記事を書く

記事の信頼性

プロフィール

・2019年12月に開設して、6ヶ月で10000PVのコンテンツまで成長
・開設後およそ半年で10万円を稼ぐノウハウ

SEOとは

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称で、Googleからきちんと自分のコンテンツを認識してもらい検索された時に上位に表示してもらう対策の事を言います

もちろん、沢山のコンテンツがWEB上にありGoogleでは決まった法則(アルゴリズム)で順番を決めています

そのアルゴリズムに従ったライティングをSEOライティングと呼びます

SEOライティングの重要性
  • 検索された時に上位に表示され収益UP
  • 上位に表示されることにより記事の信頼性UP
@shin
@shin

Googleの検索で1ページ目と2ページ目では収益が何十倍も違うという事はザラなので1ページ目を狙いたいですね

SEOライティングの前に意識する事

冒頭でも伝えた通り、ブログの本質は「ユーザーの悩みを解決する事」でしたね

これはとても重要なのでしっかり理解しておいてください!

  • 自分の武勇伝記事
  • 自分の価値観の押し付け

よくある事例ですがよほどのキャリアかインフルエンサーでもない限り読者はあなたに興味はありません

共感を得る事はとても重要です。しかし、インターネットで検索する理由は何でしょうか?

1番の理由は、問題を解決したいからインターネットで検索する人です

問題の答えを書いてあげる事が一番重要となります。

つまりユーザーが欲しがる情報を与える事=ユーザーファーストですね!

SEOライティングのポイント

SEOライティングで最も重要になってくるのがGoogleのルールを守る事とユーザーファーストで記事を書いていく事なので順番に解説していきます

SEOライティングのルール

SEOライティングの基本ルール
  • キーワードをタイトル・見出しに入れる
  • 見出しタグを利用する(H2~H6)
  • 代名詞を利用しない

順番に見ていきましょう!

キーワードをタイトル・見出しに入れる

記事を書くときにまずする事が検索されるキーワードを決めるという事です。
検索されるキーワードをタイトルに入れる事でGoogleにこの記事はタイトルの内容について書いていると知ってもらえます

タイトルに盛り込むことと、あと見出しにも入れるようにしましょう。

キーワードを意識するあまり、文章としてぐちゃぐちゃになってしまわないように内容に沿った自然なタイトルにしましょう。

キーワードの決め方が解らないという方は

コンテンツの設計手順【3STEP】にて解説していますのでチェックしておいてください

見出しタグを利用する(H2~H6)

たまに、デザインのように見出しを利用している人がいてますがSEO的には大きな間違いです。

文章構成がユーザーにとって読みやすいか否かの判断基準の一つが見出しタグによる文章構成となっています

たとえばこの記事ではこういった見出し構成になっています

H2→H3→H4→H5→H6の順番で入れ子構造になっていますね。この順番がごちゃごちゃになっていると読みにくい(理解しにくい)と判断されてしまいます

代名詞を利用しない

「あの」「それ」「それら」「これ」などの代名詞ですが、Googleは認識できません

例えば先ほどの見出しタグについてですが

「見出しタグのそれらはとても重要です」よりも

「見出しタグのH2、H3はとても重要です」と記載すればGoogleは認識してくれますね

タイトルを決める

検索クエリ(検索文字)と関連性の高いキーワードを選定し、クエリに沿った文章構成にする

例えば、「福岡」「らーめん」というキーワードで検索された場合ユーザーが欲しがる情報は「福岡で美味しいらーめんが食べたい」という意図が汲み取れます

この場合であれば

「福岡で美味しいらーめんBEST5【100食以上食べた私が選ぶ】」

どうでしょうか?福岡とらーめんというキーワードからタイトルを構成することでGoogleにこの記事は福岡のらーめんの記事という事が伝わりますね!

狙うキーワードを左詰めで記載すると効率的にGoogleに伝わります

オリジナリティを高める

先ほどの「福岡・らーめん」の例で行きますね

Googleの検索結果で沢山の情報が出てきますが、それらと同じことを書いても上位に表示してくれません。

そこで重要になってくるのが独自性となってきます。他のコンテンツでは記載されていない自身の体験談やレビューなどがそれらに該当します

また周辺情報も有効です。例えばらーめんを食べた後に立ち寄りたいカフェの情報やらーめんを食べる前に飲むサプリ情報とか色々思いつきますよね

あくまでもユーザーファーストという意識がここでも重要になってきます

専門性を高める

専門性が高ければ高いほどGoogleでは評価される傾向にあります。

E-A-Tという表現をしますが、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のぞれぞれ頭文字をとって省略した呼び方となります

例えば、無名の人が書いている医学療法よりもお医者さんが書いた医学療法の方が上位に出てくるといった具合です

先ほどの「らーめん・福岡」とかの場合の専門性というとらーめん評論家やらーめんを作っている人が思い浮かぶかもですが、素人でも専門性を出す方法があります

E-A-Tを表現する方法
  • 著名人の人の引用をする(引用元明記必須)
  • 自身の実績を紹介する

例えば下記の様にGoogleのガイドラインより抜粋する事により、E-A-Tの重要性を代弁してもらう事が可能ですよね

専門知識、信頼性、信頼性(EAT)の詳細
ウェブページ/ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の量は非常に重要です。

※引用元:General Guidelines

また、本記事では

のように、自分の経歴を担保に解説しています。この経歴についても特にしょぼくても大丈夫です。

1万PVと記載していますが、100万PVの人からみたらショボすぎて信頼性になりませんが、まだブログを始める前の人や始めたばかりの人にとっては「身近な目指す人」として信頼性になります

いきなり100万PVの人の記事を参考にしようとしてもまず再現性が乖離しすぎて参考になりにくいデメリットがあります

@shin
@shin

今のあなたを必要とする人に向けて書けば実績の大きい小さいは関係ありません

E-A-Tのストーリー例
  • 100食以上食べた人のラーメンブログ
  • 返済歴10年の人のクレジットカードブログ
  • 5回の転職経験者の転職ブログ

ものは言いようですが、上記のストーリーで信用性をだせますよね

「通算100食以上のらーめんを食べてきた実績の私が批評します!」

「10年以上返済を続けてきた私だからわかるおすすめのクレジットカード」

などですね。あくまでも記事の信頼性を相手が納得できる形で表現してあげることが、記事を読み続けていく理由にもなります

【重要】SEOを意識したライティング【アクティブプラン有】

  • まず読者の悩みを解決できる記事を書く事
  • タイトルに狙うキーワードを入れる
  • 見出しタグを適切に使う
  • 代名詞を極力利用しない
  • 検索クエリに沿ったタイトル内容にする
  • 自分の意見や体験を踏まえ独自性を出す
  • E-A-Tを意識する

SEOライティングのルールをしっかりと理解して記事を書いていけば、確実にGoogle検索で表示されるようになっていくのでしっかり復習して自分のものにしちゃってくださいね。本日はここまで。

タイトルとURLをコピーしました