Twitterはコチラ!

【爆速】Ipv6対応のおすすめインターネット回線 3選に選りすぐり

【爆速】Ipv6対応のおすすめ インターネット回線インターネット回線

【爆速】Ipv6対応のおすすめインターネット回線3選

インターネットの種類にはIPv4とIPv6という接続方式があります。接続方式によってインターネットの速度が大きく向上するのですが、この記事ではその方法を解りやすく解説していきます。最後にはおすすめの対応インターネット回線を3つまで厳選していますので最後まで読んで頂ければと思います。

IPv6の仕組み

Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。「IPv6アドレス」も参照
現在主流のIPv4では使用可能なIPアドレスが約 232(約43億 = 4.3×109)個であったが、IPv6では約 2128(約340澗 = 3.4×1038)個使用可能となっており、大きな特徴の一つである。実際、ISPの一般向けIPv4接続サービスはアドレスをひとつだけ割り当てるものが主流だが、IPv6接続サービスでは/48〜/64の大きさのアドレスブロックが割り当てられることが多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IPとはインターネット上での住所の役割をしています。いわゆるIPアドレスです。このIPアドレスはインターネット回線ごとに割り当てられて、どこの誰がどんな回線からアクセスしているかという情報を得ることができます。それを 2ビットの2進数を8ビットずつに区切り、それを10進数で表現したIPv4アドレスという ことなんですが、その次世代規格がIPv6(IPoE接続)ということです。 アドレスは従来の10進数から16進数となり、16bitごとに「:」でくぎりをいれる。計8フィールドにとなるので大幅に住所が増えることになります。

 PPPoE接続方式IPoE接続方式
利用者非常に多い少ない
対応IPIPv4IPv6
帯域制限200Mbps100Gbps
ユーザー認証必要不要
専用装置必要不要

IPv4からIPv6に変わる理由

現在、IPv4の枯渇問題ということが言われています。インターネットの世界的な普及によりアドレスが足りなくなってきているんです。日本でも以前、携帯電話の普及によって番号が一桁増えたことがありましたが(現在11桁だが昔は10桁でした)同じことがインターネットの世界でも起こっています。

今後、更にIoTの進化によって割り当てられるIPアドレスが増加することは言うまでもないことですから必然的にIPv6へと移行していく流れになっています。

そうすると、今自分の使っているインターネット回線がIPv4だったら足りなくなっちゃたらどうなるんだろう・・・

順次、インターネットの回線事業者もIPv6への対応を始めていますので安心してくださいね!
まだIPv4で接続している場合は混みあってる道路を走っているようなものなので逆にIPv6は現在空いているので快適なインターネットの速度を確保できるということなんですよ!

IPv6に対応するには

また、現在ほとんどのコンテンツがIPv6からのアクセスに対応していますが、まだ未対応のコンテンツもあったりしますのでほとんどのIPv6に対応する為には対応しているインターネット回線を契約するしかありません。事業者がIPv4とIPv6の両方を自動的に選んで接続する方式が採用されています。

IPv6対応のおすすめインターネット回線

今、IPv6対応で接続できるインターネット回線事業者の中からおすすめのインターネット回線事業者を@SHINが3つに厳選しました!

事業者名 IPv6料金 モデム対応別途申込 月額料金
ドコモ光
( とくとくBB )
無料Wi-Fiルーター
無料レンタル
マンション:4,000円~
戸建て:5,200円~
ソフトバンク光467円(月額)BBユニット
レンタル
マンション:3,800円~
戸建て:5,200円~
NURO光無料標準マンション:3,800円~
戸建て:4,757円~

既に契約している場合はプラン変更などで対応できるので必ず参照してください。

ドコモ光 とくとくBB(GMO)

こちらは、やはり有店舗でのサポートがあるということでおすすめしやすいですね!インターネット初心者の方には特におすすめです。また、携帯電話と合わせてご利用頂く場合はギガホ割が適用されますので更にお得です!更に、支払いやオプションの手続きなども近所のドコモショップにて対面でお話できる安心感は他では買えません!なのでランクインです!

ソフトバンク光

こちらは申込が必要なのですが、ランクイン理由としてはまず、ドコモ光同様に有店舗であるということと、それに加えて自分自身がソフトバンクショップを運営していたという依怙贔屓もあります(笑)まぁ、それは冗談ですがソフトバンクユーザーの方は携帯とのセットでのおうち割が適用できるのもポイントですね!

NURO光

もう、文句なしです!安いし速いし最強です!

ただ!ただ!エリアが限られているという大きなネックがありますので、最後のご紹介にさせて頂きました。
もし、対応エリアにお住まいの方は是非検討してくださいね!10Gbpsですよ!今なら3ヶ月500円で利用できる意味不明なくらい安いキャンペーン(期間内の違約金無し)もしていますので是非検討してくださいね!

IPV6対応出来たらインターネットの速度が見違えるほど早くなりましたよ~

これからはIPv6が標準になってくるのでまだ対応していない人はなるべく早めの対応をされたほうが快適なインターネットが楽しめますね!

【爆速】Ipv6のおすすめインターネット回線3選まとめ

  • IPv6とは次世代規格のインターネットの接続方法で、利用者が少ないため快適なインターネットの速度が確保できます
  • IPv6に対応しているインターネット回線と未対応のインターネット回線がありますので確認が必要です。未対応の場合はインターネット回線の切り替えが必要です
タイトルとURLをコピーしました