Twitterはコチラ!

現役販売員が徹底解説!光コラボ10社を批評

光コラボの種類インターネット回線

現役販売員が徹底解説!光コラボ10社を批評

この記事では、よく目にする○○光といった光コラボレーションという新制度についてわかりやすく説明してます。現在フレッツ回線をご利用中で光コラボレーションをご検討されている方はこの記事で一番自分にあった光コラボがわかるようになります。タイプ別に解説していますので最後まで読んで頂ければと思います。

最近、光コラボが普及し始めて一気に光ファイバーを取り扱う会社が増えたよね~

実は、2014年10月に総務省から発表されたことがきっかけで今みたいな状態になったんんだけど、それまではNTTのフレッツ光というサービスだったのよ!

そーなんだ!じゃー今ある光コラボのインターネット回線はもともとはNTTのフレッツ光ってこと??

そうなんですよ!だからといって全部どれも一緒というわけではないから選ぶ時は注意が必要なのよ!

光コラボの仕組み

かつて国営企業であり、多額の資金を使ってインフラを整えたNTTが市場を支配してしまうと、健全な市場競争を阻害する状況となってしまうため、いわゆるNTT法と呼ばれる様々な規制があります。
上で説明のあった光の卸販売や、NTT東西とNTTドコモが別会社であったり、NTTの東と西を分けなくてはいけないのもその規制によるものです。
他の通信会社はこういった規制がないため、例えばKDDIが提供している「auスマートバリュー」のような自社の固定回線とモバイル回線を組み合わせたサービスなどが可能ですが、NT東西とドコモは不可能であったため近年のシェア低下の要因となったのではないかと言われており、こうした背景から今回の光サービスの卸販売を解禁したのではないかと考えられます。

 出典:キーワードノート   光コラボとは?

光コラボの種類について

光コラボレーション事業が解放されてから多数の事業者がインターネット回線事業に参入し、今までのインターネットの構図が大きく変わり無数の業者が入り乱れて消費者としては非常にわかりにくい状態となっています。

プロバイダ事業者がコラボ光をリリースするケース

一番、コラボに変更する利用者が多かったのは、プロバイダからの案内でそのまま利用環境が変わらずに値段だけが安くなるというパターンです。

OCN光

【運営会社】エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
【問合せ窓口】0120-506-506 
(平日10:00-19:00)【特徴】

OCN光 の特徴
  • OCNモバイル(格安SIM)とのセット割を実施(200円1台)

Nifty光

【運営会社】ニフティ株式会社
【問合せ窓口】0120-5022-10
(年中無休10:00-19:00)

Nifty光 の特徴
  • auスマートバリューに対応
  •  NifMo (格安SIM)契約で通信容量最大2GB毎月プレゼント

so-net光

【運営会社】ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
【問合せ窓口】0120-982-469
(年中無休9:00-21:00)

so-net光 の特徴
  • 高性能Wi-Fiルーターレンタル無料
  • セキュリティソフト無料
  • 訪問サポート無料
  • auスマートバリュー対応
  • IPv6無料
ぷらら光

【運営会社】株式会社NTTぷらら
【問合せ窓口】0120-718-400
(年中無休9:00-21:00)

ぷらら光 の特徴
  • 高性能Wi-Fiルーターレンタル無料
  • IPv6無料(要申込)
  • ひかりTVセット割引有
ビックローブ光

【運営会社】ビッグローブ株式会社
【問合せ窓口】0120-040-962
(年中無休9:00-20:00)

ビックローブ光 の特徴
  • auスマートバリュー対応
  • BIGLOBEモバイルとセット割(月額300円引き)あり

プロバイダのコラボ光のメリット

1番のメリットは今までとの環境が大きく変わらないことです。例えば、メールアドレス等をそのまま使いたい方やプロバイダ独自のオプションサービス(ホームページ作成サービス等)を引き続き利用したまま、値段だけが下がるというメリットがあります。

プロバイダのコラボ光のデメリット

いづれも加入者数が非常に多く、回線が混み合う可能性があります。加入する際は事前にみんそく( https://minsoku.net/ )等で地域の速度を確認するなどすることをオススメします

携帯キャリアがコラボ光をリリースするケース

競争が激化してきている携帯業界ですがインターネット回線を巻き込んだ熾烈な戦いが繰り広げられています。
三大キャリアの携帯を複数台家族で利用しているユーザーは検討の余地が大いにありです

  • ドコモ光(NTT Docomo)
  • SOFTBANK光(SOFTBANK)
  • au光 (KDDI)

携帯キャリアの光コラボのメリット

携帯電話とインターネット回線をセットにすることによりセット割引が効く(2019年12月現在は各社1台につき1000円割引)ことと、他社と大きく違うメリットとしては店舗窓口があるということです。

インターネット回線にそこまで詳しくない方は何かと不安やわからないことも多いですが、通常のインターネット回線事業者は店舗を設けておりません。ですので、カスタマーサポート(だいたい繋がりが悪い)頼みになってしまいますが、キャリアの光コラボの場合は携帯ショップという身近な窓口がありますので対面で話せるという安心感があります。

携帯電話キャリアとインターネット回線をまとめる方法を下記記事で詳しく解説しておりますのでこちらの記事も合わせて読むとより理解が深まります

携帯キャリアの光コラボのデメリット

自宅のインターネット回線と家族の携帯電話をセット割引にすることにより割引という恩恵が受けられる反面、携帯電話を新しく購入する際に機種変更しか選べません。
だいたいの携帯ショップのキャンペーンではMNP限定といった割引があることに対し、機種変更であればほとんど定価に近い金額での購入を強いられます。(※2019年12月現在、割引上限が各社設定され上限2万円となっています)

まとめ

光コラボにはプロバイダ系と携帯キャリア系、その他に分類される
大元のネット回線はNTTのフレッツ回線を利用していますが、運営元により速度に差があるので注意すること。
家族利用で複数台の携帯利用の場合はキャリアの光コラボがコスパいいです

タイトルとURLをコピーしました