Twitterはコチラ!

【2020年度版】All in One SEO 設定方法【画像付きで解説】

All in One SEOブログ運営
Seo banner. Work on the content of the site and its indexing of search engines. Team work on the website. Vector flat illustration

【2020年度版】All in One SEO 設定方法【画像付きで解説】

SEO対策ってどうしたらいいのかわかんないよ~

本記事では上記のような悩みを解決します!

結論から言いますと、「All in One SEO pac」というプラグインをインストールするだけで解決です!

本記事ではこのプラグインの設定方法を画像を用いて初心者でも簡単に設定できるように解説していきます

基本的には画像通り進めてもらえたら完了できます

@shin
@shin

SEO対策は必須スキルになるので絶対に設定しておきましょう!

ALL IN ONE SEO PAC

ワードプレスのテーマも大体SEO対策はされていますが、SEO ALL IN ONE PACの素晴らしいところは面倒なGoogleの登録なども全て完了させれるところですね!

その他にも下記の通りです

SEO ALL IN ONE PACの凄いところ
  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

専門用語ばかりでなんの意味か全くわかりませんよね・・・

とりあえず、インストールしてもらって一つづつ説明していきますね!今はまだわからなくても大丈夫なので安心してくださいね!

SEO ALL IN ONE PACインストール方法

ワードプレスにログインして、プラグイン新規追加をクリック

ここに【SEO ALL IN ONE PAC】を検索してインストールします

インストールしたら有効化させて終了ですね

SEO ALL IN ONE PACの設定方法

インストール完了したら次は設定に入っていきます!

SEO ALL IN PAC 設定項目
  • 全体設定
  • XML Sitemaps の設定

まずは全体設定ですね!画像付きで解説していきますので、同じようにしてもらえたらとりあえず、OKです!

全体設定【画像通りでOK】

今回出来る事は下記になります!

全体設定で出来る事
  • トップページのタイトルとメタタグの設定
  • メタキーワードに関する詳細設定
  • 検索結果に表示するタイトルの設定
  • カスタム投稿用の設定
  • ディスプレイの設定
  • ウェブマスターツールの認証
  • Google+との連携とアナリティクスの設定
  • noindex の設定
  • 高度な設定
SEO ALL IN PAC

インストールすると左側のメニューにAll in One SEOというアイコンボタンが追加されます。その中からまずは一般設定をクリックですね

一般設定
一般設定

こちらの画像通り(デフォルト)の設定でOKです

カノニカルURLとは

このようにアクセスされたURLを正規化(自動で統一)してくれる機能です

一般設定のサイトアドレスが正規アドレスとして扱われます

ホームページ設定
ホームページ設定
ホームページ設定

ここはかなり重要ですので深堀りします

  • ホームタイトル・・・Google検索の表示タイトル
  • ディスクリプション・・・Google検索の説明文
  • 固定フロントページ・・・有効にチェック
Google検索画面

ここで記載した内容がこんな感じで表示されます

@shin
@shin

一番初め表示される部分になるので非常に重要ですね!何を書いている記事なのかが一目でわかる内容にしましょう

タイトル設定
タイトル設定

ここはタイトルの表示形式です。特にこだわりが無ければこのままデフォルトで大丈夫です。

タグがありますが、%blog_title%%post_title% とすれば

ブログタイトル│記事タイトル

みたいな感じで表示させることもできます。日付を載せたい人は

%page_title% │%post_date%

とかでも応用できますね

  1. %blog_title% (ブログタイトル)
  2. %page_title% (固定ページのタイトル)
  3. %post_title% (投稿ページのタイトル)
  4. %category_title%  (カテゴリー名)
  5. %author% (投稿者名)
  6. %tag% (タグ名)
  7. %blog_description% (ブログのディスクリプションを出力)
  8. %page_author_login% (ページ投稿者のログイン)
  9. %page_author_nicename% (ページ投稿者のニックネーム)
  10. %page_author_firstname% (ページ投稿者の名前)
  11. %page_author_lastname% (ページ投稿者の名字)
  12. %current_date% (現在時刻)
  13. %post_date% (投稿した日付)
  14. %post_year% (投稿した年)
  15. %post_month% (投稿した月)
  16. %category_description%  (カテゴリーのディスクリプション)
  17. %archive_title%  (アーカイブのタイトル)
  18. %date% (アーカイブの年月日)
  19. %day% (アーカイブの日付)
  20. %month% (アーカイブの月)
  21. %year% (アーカイブの年)
  22. %search% (検索キーワード)
  23. %description% (ブログのディスクリプション)
  24. %wp_title% (WordPressで設定したタイトル)
  25. %request_url% (URL)
  26. %request_words% (URLの表示フォーム)
  27. %404_title% (404エラータイトルの追加)
  28. %page% (ページ数が複数の時のページ番号)
コンテンツタイプと表示設定
コンテンツタイプ

コンテンツタイプでは「投稿」「固定ページ」にチェックです。

SEOをどのページを対象にするかということなので、デフォルトでOKです

表示設定では管理画面でSEO画面を出すか否かですので出しておいた方が編集が楽なので同じくデフォルトでOKです

ウェブマスター認証

GoogleSearchConsoleとはGoogle検索について自分のコンテンツ(ブログ)にアクセスがどれくらいあるかや、どういったキーワードで検索されているのかを集計してくれます。その為には事前に新しくコンテンツを作成した旨を申請しておく必要があります。

画像付きで登録手順を解説していきますね!

GoogleSearchConsoleコード取得方法
  • GoogleSearchConsoleへアクセス
    GoogleSearchConsole

    Googleのアカウントが必要になります

  • GoogleSearchConsoleへログイン

  • プロパティを追加

  • URLプレフィックスにURLを入力

    URLを入力し、続行

  • 所有権の確認

    HTMLタグを選択

  • METAタグを取得

    必要なのは content=”○○” の部分なのでここをコピーして取得

GoogleSearchConsoleで取得したコードを張り付けます!

続いて、Googleアナリティクスのトラッキングコード取得方法を画像付きで解説していきますね!

こちらも事前に登録しておく必要があり、今後のブログ運営に大きな役割を果たします。

Googleアナリティクスとは、アクセス解析ツールでGoogleから無償で提供されます。どういった地域から、どの時間帯に、どのページからアクセスしてきてどのページに移動しているかなどより詳細な情報を無償で提供してもらえます。

トラッキングコード取得方法
  • Googleアナリティクスに登録
    Googleアナリティクス
  • Googleにログイン

    Googleアカウントを持っていない場合は作成してくださいね

  • Googleアカウント作成

    Googleアカウントを持っている場合⑦からでOKです

  • Googleアカウント作成②
  • Googleアカウント作成③

    コードをコピーし、元の画面の入力画面に貼り付けます

  • Googleアカウント作成④

  • Googleアナリティクスのアカウント作成
  • Googleアナリティクスのアカウント作成②
  • Googleアナリティクスのアカウント作成③
  • 10
    Googleアナリティクスのアカウント作成④
  • 11
    Googleアナリティクスのアカウント作成⑤
  • 12
    Googleアナリティクスのアカウント作成 完了

    このトラッキングコードを取得しておきます

取得したコードを張り付けて完了です!

さぁ、あとはサイトマップ作成ですが、こちらも画像付きで解説していきますのでサクッといきましょう!

  1. All in One SEOでサイトマップ作成
  2. GoogleSearchConsoleに登録

サイトマップを登録しておく事で記事を更新した際に自動でGoogleのロボットが巡回してくれて認識してくれます。そうする事でGoogle検索された時にキーワードでヒットするようになります

サイトマップ作成
  • All in One SEOをクリック

    XMLサイトマップをクリック

  • 初期設定
    1. RSSサイトマップを作成にチェック
    2. 更新を予約:クロールする頻度なのでここでは【毎日】でOK
    3. サイトマップインデックス:50000件までしか登録できないので超える場合は分割することが可能です
      (今回はチェック不要)
    4. 投稿タイプ:サイトマップに登録するタイプを指定
    5. タクソノミー:サイトマップに登録するタイプを指定
    6. 日付アーカイブ:含めなくてOK
    7. 投稿者ページ:含めなくてOK
    8. 画像を除外:除外しなくてOK
    9. サイトマップを動的に生成:必須チェックです
  • 追加ページ

    WordPress以外で作成したページの設定になるので、今回はスルーで大丈夫です

    除外項目はGoogleに検索されたくないページがある場合除外できます。ここではスルーで大丈夫です

  • 優先順位・頻度

    こちらは手動でクロールの設定ができますが、自動で大丈夫なのでスルーで大丈夫です

    左下のサイトマップを更新をクリックして作成完了です!

これでサイトマップ作成できているのでGoogleSearchConsoleに登録していきます!

GoogleSearchConsoleへ登録手順
  • GoogleSearchConsoleにアクセス

    GoogleSearchConsoleへアクセスしサイトマップをクリック

  • XMLを登録

    All in One SEOで作成したXMLを張り付ける

  • 読み込み出来ているか確認

    【成功しました】となっていればOKです

これで、基本的な設定はすべて完了です!

@shin
@shin

お疲れ様でした!かなり重要で便利なプラグインなので世界中でとても大人気なのも納得ですね!

【2020年度版】All in One SEO 設定方法【画像付きで解説】まとめ

  • All in One SEOの基本設定
  • GoogleSearchConsoleに登録して、検索された時に見つかるようにする
  • Googleアナリティクスに登録して、アクセス解析を出来るようにする
  • サイトマップをGoogleに登録して、記事を更新時認識してもらえるようにする

タイトルとURLをコピーしました